光を使う点では共通しているがそれぞれ施術時の痛みには雲泥の差があります

IPL脱毛というのはインテンス・パルス・ライトの略の事です。

 

どういう方法でムダ毛を処理するのかというと、光を脱毛したい部分に照射する事で体毛の中に含まれているメラニン色素が光を吸収し、そのエネルギーを熱に変えて毛根にある細胞にダメージを与えるという方法です。

 

熱を利用してムダ毛を処理するので、その熱が周囲の肌にも伝わってしまうので多少の痛みが伴います。

 

一方、SSC脱毛というのはスムース・スキン・コントロールを略したものであり、こちらもIPLと同じように光を利用してムダ毛を処理するという点では共通しています。

 

しかし、内容については全く異っていて専用のジェルと光を組み合わせてムダ毛を処理する方法です。

 

専用のジェルの中には抑毛効果がある成分が含まれていて、そこに光を照射する事で肌に抑毛成分を浸透させる事が出来、徐々に体毛を薄くしていく方法です。

 

熱によって体毛の細胞にダメージを与えるという方法とは全く異なるので、IPLと比べて痛みが少ないのが特徴です。

 

そのためにデリケートゾーンのような痛みが強く出やすいと言われている部分のムダ毛を処理する場合は、痛いのが苦手である人はこちらの方が良いです。

 

ただし、こちらの処理方法の場合は説明でも述べたようにジェルと組み合わせて処理をするのでジェルが必須となります。

 

ジェルを塗るのが苦手であるという人であっても、IPLのようにジェル無しで出来るサロンを探すという訳には行かないので我慢する必要があります。