ラットタット


毛の断面が太くなることで濃くなったと感じるのが原因

自分でムダ毛処理をすると、カミソリで剃るという選択をしている人が多いです。手軽に購入できて、自宅で処理できるのが人気の理由です。

 

しかし、カミソリで剃ると毛が濃くなるという噂が広まっています。確かに、始めに生えていた毛はフサフサと柔らかかったのに、剃ると黒い毛がボツボツと生えてきてとても目立つようになります。

 

これを見ると、ムダ毛が剃ることで濃くなったと勘違いしてしまいますが、実は毛の太さは変わっていません。

 

毛というのは、根元が一番太く、毛先にいくにしたがって細くなっています。毛穴付近で剃ることで、毛先よりも太い断面になるので、毛が太くなったように感じるのが原因です。

 

剃ると言う行為は、気軽に行えるので毎日の習慣になっている人もいます。

 

けれども、毛と一緒にお肌の表面の角質も剃り落しているので、皮膚への負担はとても大きいことを忘れてはいけません。角質には痛覚がないので、痛みや出血はありませんが、剃り続けることで負担はどんどん積み重なっていきます。

 

毛穴が黒くなってしまったり、乾燥肌になるなどのトラブルにつながることもあります。

 

そのような時は、自己処理を続けると余計悪化してしまうので、脱毛した方がお肌の状態は改善します。脱毛は毛の生える元になる毛根にダメージを与えるので、ムダ毛が生えてこなくなります。

 

自己処理する手間もなくなるので、お肌のダメージも回復して乾燥や毛穴のトラブルも解消していきます。

 

今は、ラットタットのように安価な料金で全身脱毛ができる時代になってきていますので、若いうちから早く全身脱毛してしまったほうが、今後の人生においてもメリットがおいですよ。

 

脱毛エステサロンならラットタットがおすすめです。