どうして施術後に飲んではいけないの?

ラットタット

 

最近の女の子の間では、全身のムダ毛は自分で処理するよりも脱毛サロンで処理をするのが常識となってきています。

 

脱毛サロンでムダ毛を処理してもらうと、自分でカミソリやシェーバーなどを使って処理するのに比べて、はるかにキレイな仕上がりになりますし、カミソリなどでうっかり肌を傷つけてしまう心配も無くなります。

 

また、サロンによっては施術を受けることで脱毛効果だけでなく、美肌効果も得られるのが嬉しい所となっています。

 

ですが、脱毛サロンに行く時には気をつけなくてはならないことがいくつかあるのはご存知でしょうか?

 

その注意事項のひとつに、脱毛サロンでの施術後はアルコールを飲んではいけないというルールがあります。

 

そのため、脱毛の施術後に飲み会の予定がある場合でも、アルコールを飲んではいけないというのは本当のことになります。

 

でも、忙しいスケジュールの中では、脱毛サロンに行った後で飲み会の予定があるなんてよくあることですし、どうして施術後にお酒を飲んではいけないのかが納得出来ない人もいることでしょう。

 

それは、脱毛サロンで施術を受けた後は肌が敏感になっているので、アルコールを摂取して体温が上がってしまうと、肌に赤みやかゆみなどのトラブルが出やすくなってしまうからなのです。

 

同じ理由で、施術後にエステやマッサージを受けたり、入浴やスポーツなどもしないでくださいと注意を出している脱毛サロンがあります。
それから、施術を受ける前の12時間ほども飲酒はやめた方が良いと言われており、施術を受けに行く日に運動をすることを禁止にしているところもありますが全て同じ理由で、脱毛を受ける人に肌トラブルが起こらないようにと考えてのことです。

 

せっかく脱毛を受けてツルツルの美肌を目指そうとしているのに、施術後にアルコールを飲んでしまったために肌にかゆみなどが出てしまっては残念ですから、サロンからの注意事項は面倒でも守るようにして脱毛サロンを利用するのが賢い方法と言えるでしょう。