医療脱毛と脱毛エステサロンの違いって?

みなさんがよくご存知なのは脱毛エステサロンでの脱毛だと思うのですが医療脱毛と脱毛エステサロンの違いってご存知でしょうか。

 

脱毛エステサロンで使用されている脱毛方法はフラッシュ脱毛(光脱毛)による脱毛施術なのですが医療脱毛で使用されている脱毛方法はレーザー脱毛という脱毛施術で、医療レーザーとも呼ばれており、医療機関でなければ受けることのできない脱毛施術です。

 

医療脱毛と脱毛エステサロンの大きな違いは「フラッシュ脱毛」であるか「レーザー脱毛」であるかの違いです。

 

レーザー脱毛は、医療機関でなければ取り扱うことのできない強力なレーザーによる脱毛が行われており医師のカウンセリングを受けながら脱毛をすることができるのでとても安心して脱毛をすることができるんです。

 

脱毛エステサロンで使用されているフラッシュ脱毛よりも、もっと早い期間で脱毛の効果を実感することもできます。

 

医療脱毛のメリット

 

医師の観点から周毛期をしっかりと考え、ひとりひとりに適切な脱毛スケジュールが組まれます。

 

有効期限にとらわれず、適切な脱毛施術が行われることによって満足のいく脱毛効果を得ることができるんです。

 

一般的には2ヶ月から3ヶ月に1回の脱毛施術が行われているのですが、脱毛を終了する頃にはその間隔を広げることによってさらに脱毛の効果を高めているのだそうです。

 

 

医療脱毛の回数

 

強力なレーザーを使用した医療レーザー脱毛であるということや医師の観点から周毛期をしっかりと考え脱毛のスケジュールが組まれるといったことなどから脱毛エステサロン以上の脱毛効果があるのではないかと考えられるのですが
それでも1回の脱毛施術で脱毛が完了するわけではありません。

 

2ヶ月から3ヶ月に1回のペースで5回ほどの脱毛施術を受けた場合、半永久的な脱毛効果を得られるとされています。

 

医師によるカウンセリングや医師の観点から周毛期がしっかりと考えられていますので脱毛エステサロンと比べると少ない回数での脱毛施術で脱毛を完了させることが可能なのではないでしょうか。

 

 

医療脱毛にもリスクはあるのか?

全くないとは言えません。

 

多いのが「火傷」のリスクです。

 

通常であれば火傷を負うほどの出力で脱毛施術を行わないようにしているものなのですが肌にニキビや炎症などの何らかのトラブルがあった場合、火傷を負ってしまう可能性があるんです。

 

医療脱毛での脱毛施術においても、脱毛エステサロンでの脱毛施術においても肌に何らかのトラブルがある場合、リスクを負ってしまう可能性がありますので脱毛施術を受ける際には肌の状態を確認しておく必要があるでしょう。