ラットタット


現在ある施術方法の中ではフラッシュ脱毛が最も痛みの少ない脱毛施術方法

「全く痛みがない」「ほとんど痛みを感じなかった」「すごく痛かった」など脱毛の施術に関する「痛み」の意見はたくさんありますし、人それぞれですよね。

 

全く痛みがなかったという方もいらっしゃれば、すごく痛かったという方もいらっしゃいます。

 

肌のコンディションによって感じる痛みの強さに差がでる場合もありますし敏感肌の方の場合、とくに痛みを感じる強さが強いという場合もあるでしょう。

 

また毛の太さや濃さによっても痛みの感じ方は違ってきます。

 

脱毛エステサロンで行なわれている脱毛施術方法には、フラッシュ脱毛(光脱毛)が多く採用されているのですが現在ある脱毛施術方法の中では、フラッシュ脱毛が最も痛みの少ない脱毛施術方法であると言われています。

 

また、フラッシュ脱毛は痛みが少ない脱毛施術方法であるだけではなく肌にとても優しい脱毛施術方法であることから、肌への負担やダメージも少ないです。

 

その理由は、毛根に光を照射し、組織にダメージを与えるという脱毛施術方法だからなんです。

 

以前は、ニードル脱毛という脱毛施術方法がとても人気で主流でした。

 

ニードル脱毛という脱毛施術方法は、毛穴に電気針を差し込むという聞いただけでも痛くなってしまうような方法で痛みが苦痛だという意見がとても多かったです。

 

フラッシュ脱毛は、どんなに痛くても、輪ゴムでパチンッ!と肌を弾かれるような痛みだったという意見が多くどんなに強い痛みを感じた場合にも、ガマンできないほどの激しい痛みを感じることはほとんどないのです。

 

フラッシュ脱毛の光は黒いものだけに反応します。

 

毛穴の奥にあるメラニン色素に反応し熱を与えることで毛根にダメージを与えます。毛根にダメージを与えることでムダ毛が自然と抜け落ちるという仕組みになっています。

 

そんな痛みが少ない光脱毛でも感じる痛みの強さには個人差があると思いますがワキやVラインなどの濃く太いムダ毛を脱毛する場合、多くの方が強い痛みを感じているようです。ムダ毛が濃く密集している部位であるためです。

 

黒いものに反応する光脱毛ですから、当然濃くて太い毛にはそれだけ反応も強くなってしまいます。

 

ただ、ムダ毛が濃いことで脱毛施術の効果を一番実感しやすい部位でもあります。

 

最初はムダ毛が濃いですし量も多いですから強い痛みを感じてしまう場合もありますがだんだんとムダ毛が薄くなるに連れて痛みも弱まっていきます。