ラットタット


予約の時間に遅刻したらどうなるの?

ラットタット

 

ラットタットでは、予約客に対する遅刻のペナルティが存在しているので、少しでも遅れれば施術が受けられなくなる可能性があります。また、大幅な遅刻を繰り返せば、以降ラットタットからサービス提供の継続が難しくなると伝えられる可能性が高くなります。
普段から5分程度の遅刻は許容範囲内と考えている人は、ラットタットの遅刻ペナルティに面食らう事が想像されます。
僅か5分であっても、ラットタット側の立場になれば、他の顧客に提供するサービスの遅れに繋がります。
更には、本人に対しても予定通りのサービスが行えなくなるので、予約する際には時間を確認したり、遅れそうな場合は対処法を考える事が大切です。

 

厳しいと評価されるラットタットでも、最初の遅れであれば許容される可能性はありますし、注意程度で済む事もあり得ます。ところが、ラットタットの姿勢に甘えてしまう事は、顧客の考え方としては間違いといえます。ラットタットが現在のサービスを提供出来ている事は、多くの顧客が協力している事も理由の一つで、予約の約束を守って施術を受けている人が少なくないからです。

 

予約通りに店舗を訪れない結果は、最終的に予約した本人が損をしますし、ラットタットのスタッフや他の顧客の迷惑にもなります。だからこそ、予約する時は時間の確認を行って、当日は遅れずに約束を守る時間厳守を心掛ける事が重要です。

 

5分の遅れは施術部位の減少や制限に繋がり、10分遅れは当日の施術キャンセルに加えて、再予約の必要性が出始めます。

 

それ以降の遅れは、顧客の約束破棄とみなされる事もあり得るので、厳しい結果が待ち受けている事が考えられます。
どうしても約束を守れない時は、早めに連絡を行いキャンセルする事で、お店にかける迷惑を最小限に抑える事が出来ます。

 

大切なのは早めの行動で、当日は特に時間厳守を心掛け、前日も当日の予定を再確認する等の行動が求められます。約束さえ守る事が出来れば、優れた施術が受けられたり、スタッフと良い関係を結ぶ結果が実現します。

ラットタットの予約に遅刻しそうな時の対処法、ラットタットの遅刻ペナルティは厳しい?

事前に予約を済ませて当日になった朝、約束に間に合わないと感じた場合は、少しでも早く直接電話をかける必要があります。

 

時間ギリギリまで連絡しない判断は、お店側にとって顧客の考えが不明に感じられたり、常識的な行動と判断されない可能性が高まります。

 

顧客が損をしない基本的な対処法としては、予め交通に必要な時間を調べておく事、そして移動中に時間に間に合うかこまめにチェックする事が肝心です。

 

一度ならと大丈夫と考えたり、数分程度なら許されると考える甘えは、ラットタットの厳しい態度で打ちのめされる事になります。

 

時計を正確に合わせておく事は、顧客に必要な最低限のマナーで、時間厳守を心掛けて約束を守る事が正しい対処法です。

 

遅刻した際の結果だけを見れば、厳しい判断だと思われがちですが、ラットタットの品質とサービスを守るために必要なので、顧客も理解して選ぶ事が不可欠です。

 

日時や店舗を選ぶのは顧客側で、通常は選んだ側に責任があり、約束が守られなければ責任を取る事は当然です。
ただ、ペナルティの内容は現実的で、必ずしも厳しすぎるという事はなく、むしろ寛容の精神が現れている内容と評価出来ます。

 

理想的なのは、顧客とお店が共に良いと思える関係で、双方に利益がある事がポイントです。

 

一方、お店側に余裕がある時は、責任者の判断で顧客の責任が免除されたり、特別に本来の施術が受けられる事もあります。

 

サービス全体の質を維持したり、全ての顧客に優れた満足感を与える事は大切ですが、顧客の協力があってこそ実現する結果が存在します。

 

当日寝坊してしまったり、交通機関の問題で予定通りに到着出来ない時は、正直に理由を伝えて納得してもらう事が必要です。

 

失敗を次回以降に生かしたり、遅れを繰り返さない姿勢を見せる事によって、お店は良い顧客と評価しますし、施術を提供し続けたい顧客と評価されます。

 

厳しさはありますが、それは質の良い施術を受けてもらいたい気持ちの裏返しで、優れたサービスを提供したいと考える努力の現れです。