ラットタットを解約する方法と迷っている時はどうする?

ラットタットに通っている方で、解約をしようかどうか迷っている場合は、自分を担当してくれているラットタットのスタッフに相談をしてみたり、脱毛サロンに通っている友達に相談をしてみることがおすすめです。

 

相談をすることで、自分が今後どうするべきか見えてきたりします。スタッフであれば、専門的な知識をたくさん持っているので、毛の状態などから解約をしても大丈夫かどうか教えてくれます。

 

毛の状態が順調に減っているのであれば、とりあえず解約をして様子をみてもいいといわれる場合もあります。

 

迷ったときには、誰かに相談することが大切です。ラットタットをこれから解約しようと思っているのであれば、解約方法を確認しないといけません。解約方法は、事前に店舗に確認することができます。

 

ラットタットを解約する場合の基本的な解約方法ですが、契約した店舗にいって解約をすることになります。
事前に店舗に、解約をしたいという旨を伝えておけば、店舗にいったときにスムーズに解約をすることができます。

 

事前に連絡しておくことで、書類にサインを書ける状態にして待っていてくれています。

 

急ぎで解約をしたいとか、あまり時間がないという場合には、事前に連絡をしておくことが大切になります。

 

もちろん、引越しや仕事などで忙しいという人のためにコールセンターもあります。家を離れることができないという人は、コールセンターを利用するのもおすすめです。

 

電話をすれば書類を郵送してもらえるので、その書類に必要事項を書き込んだり、印鑑を押したりして完了します。自宅にいながらできる解約方法もあるので、忙しい人も安心できます。

 

ラットタットに通っている人の中には、引越しをすることになったとか、結婚をすることになった、というような理由で解約をされる方が多くおられます。

 

無駄に続けるのではなく、不要だと感じたときに解約することが重要です。解約すれば、無駄なお金を払い続ける必要もなくなります。

ラットタット解約時に必要な書類について

ラットタットは、電話でも店舗に直接いくことでも解約をすることができます。

 

お店の人にあまり会いたくないとか、お店のスタッフと極力関わることなく解約したいというのであれば、電話で解約ができます。

 

ラットタットを解約する際に必要となるものですが、印鑑や返信用の口座が必要になります。普段利用している銀行の通帳をもっていけば大丈夫です。もしも支払をカードでしているということであれば、カードが必要とある場合があります。

 

一緒に持っていくと安心です。ラットタットでは、解約に関する条件は特にありません。サロンによっては、何か月以上継続しなければ解約ができない、というところもあります。

 

しかしこちらはそのような条件はないので、いつでも自分が好きなタイミングで解約ができます。解約をする際の違約金ですが、ラットタットは違約金は不要になります。違約金はないのですが、解約手数料が必要となってしまいます。

 

解約手数料は、返金額の10%となっていて、上限が二万円となっています。ラットタットは月額制のため返金はないのでは、と思う方もおられるのですが、まとめて支払っている場合には返金をうけることができます。

 

この場合は、残りの回数に応じて返金額が決定されます。解約をした際の返金のタイミングですが、振込で返金されるため、2週間から3週間の時間が必要となってきます。

 

なかなか入金されないという場合には、店舗に直接電話をして確認するのがおすすめです。また、ほかの脱毛サロンと同様、クーリングオフも適用されます。

 

契約から8日以内であれば、解約と全額返金を受けることができるので安心です。

 

もしも9日以上経過をしていれば、中途解約ということになります。8日以内であれば全額返金されるので、迷っているのであれば早く決断をすることがおすすめです。

 

実際に通っている人などに体験談などを聞いてみるのもとてもおすすめです。解約をする場合はスムーズにできるサロンです。